世界最低の毒舌ラジオDJとも言われたハワード・スターン(Howard Stern)のラジオ番組に、MGKことマシンガン・ケリー(Machine Gun Kelly)が出演。

ハワード・スターン「エミネムとの確執を知ってるよ。エミネムはキミにとってもヒーローだったはずだ。彼が偉大なラッパーであることは確かだが、この男と確執を抱えることは苦しくないか?」

MGK「その事については何も感じていないよ。ツアーバスの中で寝ていたら、俺についての曲を3曲も収録したアルバムをこのクソ野郎がリリースしたって感じだよ。俺が何かすると思う?横になって寝るだけだよ。消え失せろよ。言った通りだ。ケンカには敬意を払う、それだけだ」

スターンから「この確執は3秒あれば解決すると思う」と問われて-

MGK「怒りに満ちたレジェンドにはなりたくないんだ。」

スターンが二人を話し合わせて和解させると約束した時、MGKは苦笑するしかなかった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です