エミネム(Eminem)の凄さとは何か?5選【偉業編】

1999年のメジャー・デビュー以降、 ラップ・ゲームで20年以上のキャリアを誇るエミネム(Eminem)。信じられないような偉業・実績を残し、49歳となった現在も影響力は衰えることがない。ここ数年はアルバムのプロモーションすらしない、サプライズリリースが続いているが。この記事では、そんなエミネムの凄さについて偉業を中心にまとめています。

アルバム10作品連続で初登場1位を獲得した初のアーティスト

2020年1月にサプライズリリースされた“Music to Be Murdered By”が米ビルボード・アルバム・チャート初登場1位を獲得したことで、エミネムは史上初の10作連続の初登場1位を獲得したアーティストという歴史的な快挙を達成しました。発売後1週間で279,000ユニットのセールスだった。今もなお市場で話題を集めており、その勢いは衰えていません。2ndアルバム“The Marshall Mathers LP”以降のアルバムで初登場1位を獲得し続けている。

グラミー賞「最優秀ラップ・アルバム賞」を3作品連続で受賞

1995年、ザ・レコーディング・アカデミーは“Best Rap Album”(最優秀ラップ・アルバム賞)という賞の追加を発表し、翌年の第38回グラミー賞で、ラップ・グループNaughty by Nature(ノーティ・バイ・ネイチャー)に初めて賞が贈られました。2020年現在、エミネムがこの部門の最多受賞記録を保持しており、6回となっている。また、“The Slim Shady LP”(1999年)、“The Marshall Mathers LP”(2000年)、“The Eminem Show”(2002年)の3枚のアルバムで同賞を受賞しており、 カニエ・ウェスト と並んで3作品連続での最多連続受賞記録の保持者でもある。エミネムは“Relapse”(2009年)、“Recovery”(2010年)、“The Marshall Mathers LP2”(2013年)でも3作連続での受賞を果たしている。

第53回グラミー賞(2011年)にて「最優秀ラップ・アルバム賞」を受賞

2000年代で最も売れたアーティスト

2009年12月8日、ビルボードチャートを集計しているニールセン・サウンドスキャン社が、2000年代に最も売れたアーティスト、アルバム、曲のリストを発表。エミネムが、2000年~2009年の10年間に3,220万枚以上のアルバムを販売し、ビートルズを抑えてトップセラーアーティストの座を獲得した。この10年間のトップ10アルバムのうち、エミネムは“2枚のアルバムがランクイン”した唯一のアーティストでもあります。

2000年代に最も売れたアルバムトップ10(米国内)
1位:The Beatles, “1”,11,499,000 ユニット
2 位:’NSYNC, “No Strings Attached , 11,112,000 ユニット
3 位:Norah Jones, “Come Away With Me , 10, 546,000 ユニット
4 位:Eminem, “The Marshall Mathers LP , 10,204,000 ユニット
5 位:Eminem, “The Eminem Show , 9,799,000 ユニット
6 位:Usher, “Confessions , 9,712,000 ユニット
7 位:Linkin Park, “Hybrid Theory , 9,663,000 ユニット
8 位:Creed, “Human Clay , 9,491,000 ユニット
9 位:Britney Spears, “Oops! … I Did It Again , 9,185,000 ユニット
10 位:Nelly, “Country Grammar , 8,461,000 ユニット

2010年代で最も売れた男性アーティスト(純粋売上)

従来型のアルバム・セールス(CD等の物理メディア+デジタルダウンロード販売)において、米国で最も売れた男性アーティストとして2010年~2019年の10年間を終えた。エミネムは過去10年間に1386万2000枚のアルバムを売り上げ、アデル(2392万4000枚)、テイラー・スウィフト(2297万2000枚)に次ぐ第3位となった。トップ5には、ジャスティン・ビーバー(1209万8000枚)、ドレイク(1052万6000枚)がランクインしています。

ラッパーとして初めて2つのダイアモンドアルバムを獲得

2011年3月、アメリカレコード協会(RIAA)がエミネムのアルバム“The Marshall Mathers LP”(2000年)、“The Eminem Show”(2002年)の2作品をダイアモンド認定。(アメリカ合衆国における販売枚数1,000万ユニット越え)

エミネムとRIAAのCEOケリー・シャーマン

ダイアモンド認定を受けたヒップホップアルバムリスト(2021年8月)

  1. MC Hammer – Please Hammer, Don’t Hurt ‘Em (1990)
  2. 2Pac – All Eyez On Me (1996)
  3. The Notorious BIG – Life After Death (1997)
  4. Lauryn Hill – The Miseducation Of Lauryn Hill (1998)
  5. Eminem – The Marshall Mathers LP (2000)
  6. Nelly – Country Grammar (2000)
  7. Eminem – The Eminem Show (2002)
  8. Outkast – Speakerboxx/The Love Below (2003)

最後に

1999年のメジャーデビューから20年以上のキャリアを誇るエミネム。50歳を目前にしても勢いはとどまる所を知らない。2020年1月には“Music to Be Murdered By”をリリースし、同年12月にはデラックス版“Music to Be Murdered By Side-B”を発表。2020年代のエミネムにも目が離せない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。