エミネムがメジャー・デビューする前からの創作パートナーであるMr.ポーターが、アルバム『 Revival 』制作時の出来事を語っています。

Revivalからの1stシングル曲『 Walk On Water 』にトップ・スターの女性ヴォーカリストを連れてきて、前代未聞のコラボレーションを実現させるという大胆なアイデアを持っていたようです。

Mr.ポーター「同じフックを様々な素晴らしい人たちに歌ってもらいたいという夢をずっと持っていたんだ。
実際に『 Walk On Water 』が収録されているアルバム『 Revival 』制作の時に、このコンセプトをエムに提案したんだ。
ビヨンセ、リアーナ、スカイラーの3人でやりたいと思っていた。
それから『アデルなんかはどうだ?』とも言っていたし、俺たちは“誰がいいか”というアイデアを考えていた。
ビヨンセは外せなかったから、結果的に素晴らしいアイディアだった。
だけど、仮にビヨンセ、リアーナ、スカイラー、アデルが全員でフックを歌って、最後に全員が同じフックをハーモニーで歌っていたら、それはクレイジーだっただろうね。間違いなくクレイジーだっただろうね。」

『Walk On Water』でのエミネムの共演希望はアデルだったと言われています。
Mr.ポーターはアデルにコンタクトを取ったが、残念ながら彼女は体調が悪く、その時の“声”に問題があったという話です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です