今年の4月、エミネムの自宅に強盗が侵入した事件ですが、この事件が進展した際にエミネムは裁判に出廷しなければならず、そうでなければ事件は却下されることになるという。

先日行われた公聴会では、侵入事件の新たな詳細が明らかになった。警備員が侵入者の『マシュー・デーヴィッド・ヒューズ』(Matthew David Hughes)を拘束した時、現場で対応したハックストック巡査によると、ヒューズは「エミネムを殺すつもりだった」と言っていたという。

しかし、ヒューズと彼の弁護士はこの証言を認めていないため、エミネムが法廷で証言しなければならないことになるという。

ヒューズの弁護士、リチャード・グランダ氏が『The Sun』誌に語っています

「エミネムは証言しなければならない。事件が最終的に裁判にかけられる場合、彼は公判に出廷する必要があります。そうでなければ裁判は却下されるが、彼は予備審査のための地方裁判所に出廷しなかった。
ヒューズ側は『殺す』と言ったことを認めていない。これは、(現場で対応した)巡査が聞いたとされているものです。ヒューズは一度もそのような供述をしていないし、言ってもいない。
ヒューズによるとエミネムから『なぜここに来たんだ?』と言われたそうです。依頼人は何の武器も持っていませんでした」

ヒューズは不法侵入の責任を認めようとせず、第一級住居侵入罪と悪質な器物損壊罪で無罪を主張するように主張しているそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です