Cole Bennett (コール・ベネット)は、 Lyrical Lemonade (※1)の起業家、ディレクター、創設者で、トレンドの名前をもつかなりの数の人気ラッパーと仕事をしましたが、エミネムはそれらの中で最も高い注目を集めています。 23歳の青年がエミネムとの初仕事に興奮し、写真を共有しているのも不思議ではありません。

ベネットが監督したエミネムの最新アルバム「Music To Be Murdered By」の「Godzilla」のビデオは、ノスタルジックかつモダンな雰囲気を併せ持った仕上がりになっている。 ベネットは確かにエミネムの今までの作品をよく研究し、リスナーのフィードバックを受け入れています。(マイクタイソンが登場するシーンに「Just Don’t Give A Fuck」を流すアイディアは、昔からのエミネムファンは興奮ものです。リリックにタイソンが出てきます。) 彼はファンがプロモーションビデオについてどう思うか知りたがっています。

みんなはゴジラのPVついてどう思った? それと好きなシーンは?

(※1)リリカル・レモネードとは

2014年頃、当時17才だった「コール・ベネット」青年が立ち上げたHIPHOPブログ「リリカルレモネード」。企業化し、主にヒップホップミュージックビデオの制作、フェスの主催などで勢力拡大中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です