メニュー 閉じる

「Godzilla」のプロデューサー、楽曲制作について語る

イリノイ州シカゴ出身のプロデューサー D.A. Got That Dope は、エミネムの最新アルバム「 Music To Be Murdered By 」の制作に参加しており、その内3曲の制作に携わっています(※1)。故・ Juice WRLD との楽曲「 Godzilla 」の制作についてD.Aが語っています。

(※1)「 Godzilla 」、「 Those Kinda Nights 」、「 No Regrets 」の3曲の制作に参加。

「友人のスティーブン・ビクターから話をもらったんだ。スティーブンが『エミネム用にいくつかビートを送ってほしい』と連絡してきた。それから1か月経ったころ『別のビート集を送って』と言ってきた。2回送って、だいたい30種類くらいだった。”打撃音“のような音がエムにフィットしたと思う。ベースラインは遊び心があって良く出来てる」

D.A.は仕上げの工程には参加していないようで、発売前のレコードで初めて仕上がりを確認したそうです。

「Shady Recordsの誰かが家にやって来て、アルバムで制作した曲を流してくれたんだ。『彼はラップをスピードアップしてるのか?エムはどうやったらそんなに速くラップ出来るんだ?』と感じた事を覚えてるよ」

D.A. Got That Dopeについて

本名:David Doman デイビッド・ドーマン。1984年8月3日生まれ。シカゴ出身。ドーマンは13歳の時からビート作りを始めており、2000年代半ばには Ghostface Killah 、 Mikkey Halsted 、 Lupe Fiasco の楽曲制作に携わる。現在はロサンゼルスに拠点を移しています。2017年、クリス・ブラウンのヒット曲「Privacy」でプロデューサーとして成功を収めます。「Privacy」は200万枚以上の販売を記録しRIAAにプラチナ認定を受けています。ドーマンの楽曲はプロデューサー・タグが特徴的で、曲の冒頭部分に「D.A. Got That Dope!」と言うフレーズが流れます。

主なプロデュース曲

  • 「Godzilla」 Eminem
  • 「Taste」 Tyga
  • 「Privacy」 Chris Brown
  • 「ZEZE」 Kodak Black
  • 「Dip」 Tyga & Nicki Minaj
  • 「Senile」 Young Money
  • 「PIE」 Future
  • 「PTSD」 G HerboK

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です