この曲はエミネムが薬物依存中にレコーディングされたもので、当時噂されていたプロジェクト「 King Mathers 」用に作られたと言われています。曲の内容は、史上最高のアーティスト” G.O.A.T. “の一人としてのリスペクトを求めてラップしている。「俺の周りにはキングのオーラが漂っている」という一節があり、後に発表される「Rap God」とコンセプトが似ている。

曲の収録時期についてですが、曲中に「ホワイト・ラッパー・ショウ」について触れる場面がある。この番組の初回放送が2007年1月8日で、最終回が2007年2月26日であることから2007年の初頭にレコーディングされたものだと思われます。

曲中で「リル・ウェイン」について触れる場面があるが、6thアルバム「Recovery」が発売された当初に「エミネムはリル・ウェインにディスソングを作っていた」と言われていました。中村明美の「ニューヨーク通信」

「Recovery」に収録されている「Won’t Back Down」のヴァース3で、ウェインをディスしている。しかし同じく「Recovery」に収録されている「No Love」ではリル・ウェインと共演している。

「Won’t Back Down」は恐らく2009年初頭に収録されたと言われており、この時期エミネムはリル・ウェインの事をよく思っていなかった。

曲の最後に「マドンナ」に触れる場面があるが補足をすると、マドンナはアフリカから子供を養子に迎えたことがあり、これが当時論争を巻き起こしていた。マドンナは自分自身のプロモーションのために利用していると非難されており、この件について取り上げている。東スポウェブ:マドンナ養子縁組に「偽善」批判の声

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です