ロイス・ダ5’9″(Royce da5’9″)によると、エミネムとニック・キャノンの間のビーフは“水に流した過去”(water under the bridge)だという。

エミネムとキャノンのビーフ(確執)は10年以上の関係に及びます。キャノンはマライア・キャリー(Mariah Carey)と2008年4月に結婚。エミネムとマライアの確執関係を引き継いだことがビーフのきっかけである。(キャノンとマライアは2015年1月に離婚している)

スリム・シェイディがキャノンに向けた最近のディス・ソングは、2019年にファット・ジョー(Fat Joe)との共演曲『 Lord Above 』だった。
キャノンは2019年12月に『 Pray For Him 』や『 The Invitation 』などでエミネムへのディス・ソングをリリースし反撃していた。

キャノンはエミネムの親友であるロイス・ダ5’9″と並んでいる写真をインスタグラムに10月8日に投稿。

ロイスはその後、マシンガン・ケリー(Machine Gun Kelly)、クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)、トランプ大統領など、エミネムが長年に渡って仲たがいをしてきた人物達が写っている画像を投稿し、この状況についてジョークを飛ばした。

ロイスはキャプションの中で以下の通りコメントしている

「エミネムとニック・キャノンのビーフは水に流した過去さ。実現を手伝ってくれたファット・ジョーに感謝している。愛を広めていこう」

キャノンは9月頃に、ファット・ジョーにエミネムとのビーフ関係を終わらせたいと相談。ジョーは仲裁人になるとキャノンに伝えた。
その後、長年続いていたビーフ関係に決着をつけるためにロイスと話をしたと語っている。

キング・クルキッド(KXNG Crooked)はロイスと共にスローター・ハウス(Slaughterhouse)のメンバーとしてShady Recordsと契約していたラッパーで、エミネムのファンから写真について質問を受けている。

ファン「クルキッド‼ロイスが最近、エミネムの敵であるニックとの写真を投稿したんだけど、これについてどう思う?」

クルキッド「彼らは敵ではないよ。もう終わったんだ」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です