Shady Reocrds 所属アーティスト『 Westside Gunn 』が新作アルバムを10月2日に発売予定

Shady Recordsでのデビュー・アルバムとなるタイトルは『Who Made The Sunshine』。アルバム・アートワークを手掛けるのはGunnの娘である『 WS POOTIE』。彼のインスピレーションは身近なところから来ている。
アルバム・アートと『Who Made The Sunshine』について

「俺の人生はアートを中心に動いているんだ。何事もアートなんだよ。理解できる時もあれば、そうでない時もある。時にはマスターピース(傑作)を手に入れることができるけど、このアルバムを作った瞬間、これが傑作だと分かっていた。」

今年の4月、Westside Gunnは自身のインディーズ・レーベル『Griselda Records』から『Pray For Paris』をリリースしていた。このアルバムは、GQ、Rolling Stone、Pitchfork、The Ringer、Stereogum、NPRなどから絶賛され、幅広い批評家から高い評価を得ました。

Westside Gunnは、2008年にJay-Zによって設立されたエンターテインメント・カンパニー『Roc Nation』ともマネジメント契約を結んでいる。
ヒップホップ史上最も重要な2人のラッパー、エミネムとJay-Zによる強力な後ろ盾を得て、新作アルバムは10月2日に発売される予定だ。(※)

(※)元々の発売日は8月28日でしたが延期されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です