音楽ランキングサイト” ChartMasters “の最近の発表では、1950年代(チャートではエルビスプレスリーのみ掲載)から2010年代までの10年間毎で最も成功したアーティストのリストが掲載されています。 過去20年間は、エミネムが音楽業界で重要な人物であることを示しています。エミネムは、両方の10年間でトップ10に入っており、2000年代ではダントツで1位になっています。2位のリンキンパークの2倍近くの数値を叩きだしています。

この数値は、” ChartMasters “による CSPCメソッドと言われる、物理的なアルバム販売、デジタル販売、ストリーミングなどを独自の集計方法で算出した数値になっています。ここに記載されている数値は、10年間毎のアルバム販売数ではなく、その10年間にアーティストがリリースしたすべてのアルバムの”最新の販売数値”です。

  • 2000年代
  • 1. Eminem – 123,624,000
  • 2. Linkin Park – 67,608,000
  • 3. Coldplay – 66,326,000
  • 4. Britney Spears – 62,135,000
  • 5. Beyoncé – 50,503,000
  • 6. Pink – 48,326,000
  • 7. Norah Jones – 48,153,000
  • 8. Robbie Williams – 47,775,000
  • 9. Nickelback – 46,375,000
  • 10. Black Eyed Peas – 45,631,000

2010年代はストリーミングが重要な新時代です。 エミネムは少し引き下げられましたがトップ10を離れることはありませんでした。たとえばビヨンセは、2000年代は5位につけていましたが2010年代では19位に転落しています。

  • 2010年代
  • 1. Adele – 73,356,000
  • 2. Ed Sheeran – 61,066,000
  • 3. Justin Bieber – 60,072,000
  • 4. Taylor Swift – 55,950,000
  • 5. Rihanna – 55,886,000
  • 6. Bruno Mars – 52,339,000
  • 7. Drake – 52,256,000
  • 8. One Direction – 44,466,000
  • 9. BTS – 40,695,000
  • 10. Eminem – 38,691,000

個人的には、ビルボードやRIAA(全米レコード協会)等と、ChartMastersを同等に扱うべきではないかと思いますが、信頼に値するサイトだと思います。全リストを確認したい方はチャートマスターのページへ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です