ミネソタ州で黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警察官に首を膝で押さえつけられ死亡した事件で各地で抗議デモが起きている件について、父親が元・アトランタ警察官の” Killer Mike “(キラー・マイク)がアトランタ市長の記者会見に参加。抗議者たちに戦略的に行動するよう呼びかけました。
以下、キラーマイクのスピーチの内容

「俺は地獄のように怒り狂っている。昨日、世界が燃えるのを見るために目が覚めてしまった。だって黒人が死ぬのを見るのはウンザリだ。9分もの間、無造作に人の首に膝を乗せて、ライオンのアゴに絞められたシマウマのように死んでいった。子供たちは街を焼き払っている。彼らは他に何をすればいいのか分からないんだ。そして、それを今すぐにでも良くするのは俺たちの責任だ。一人の警官だけが起訴されるのを見たい訳ではない。関わった4人の警官が起訴され判決を受けるのを望んでいる。燃える街を見るのではなく、レイシズムの仕組みを燃やして欲しい。敵への怒りのために自分の家を燃やすべきではない。そして今こそ、構想を練り、計画を立て、戦略を立て、組織化し、結集する時だ。今こそ、投票所で気に入らない検察官を叩きのめす時。市長や警察署長、副署長の責任を問う時だ。アトランタは完璧では無いが、私たちは以前よりもずっと良くなるはずだ。」

エミネムもキラー・マイクの記事を引用リツイートし

「キラー・マイクを支持する。信じられないほどよくやった。」と投稿しています。

先日、Lil Wayne(リル・ウェイン)のオンライン番組「 Young Money Radio 」に出演した際に、キラー・マイクについて語っていましたね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です