マイクタイソンのYoutubeチャンネル「Hotboxin ‘」にて、エミネムはトップスターになった経緯についての質問を受け、ラッパーを目指し始めたデビュー前について語っています。12〜13歳の頃からラップを書き始めたマーシャルは自信がなく、曲を世に送り出すためには友人の後押しが必要でした。

「俺は直ぐにビビってたんだ。まるで15~16歳のガキのように。クラブに行ってラップを披露するのが怖かったのは、まだスキルに自信がなかった。だから俺は決まった場所でラップしてたんだ。 ある日、俺はただ歌を作ってたんだけど、親友のプルーフから電話があって彼が「Yo!今度ヒップホップショップに来いよ」って。俺は「ヒップホップショップってなんだよ」って感じだったんだけど、プルーフは「いいからヒップホップショップに来い!ラップする準備ができたらここに来い」って。俺たちは一緒にラップを始めたんだけど、プルーフは彼自身のことをやるつもりで(恐らくヒップホップショップのバトルホスト。8Mileで言うフューチャーのモデルがプルーフです)、俺は工場とかで働いてた。プルーフは凄く頑張ってて、コネ作りを始めたんだけど、彼は「 Slum village 」の「 J Dilla 」と出会った。当時のデトロイトヒップホップは業界でも衝撃だった。 プルーフもその一部なんだけど、俺にもチャンスが巡ってきたんだ。。。

ヒップホップショップに行ったとき、俺は「おい待てよ、何だこれ?」って感じで、プルーフは 「Yo!皆を片付けるよ。10人ぐらいいるけど、お前が奴らの前でラップして、もし奴らがお前を気に入らないっていうのなら、その時はお前に伝える。もし、奴らがお前を気に入って、お前とぶっ飛びたいってなったら。。。な?」って。だから俺はそこでラップして、何人かを飛び跳ねさせて、ぶっ飛んで、そして「オーケー!これならできるかもしれない」って感じ。 それがヒップホップショップでのバトルの始まりだった。 俺たちは2~3か月ごとにバトルに参加してたんだけど、毎週土曜日はヒップホップショップ に行くために16時まで働かなくてもいいようにした。 20代前半の頃は金曜日の夜、土曜日は「 St. Andrews Hall 」に行って、火曜日は「Ebony Showcase」に居た。

遂にバトルする時が来たんだけど。ヒップホップショップでの最初のバトルは勝ちだったんだ。プルーフには名札を集める役割があって(プルーフはバトルホストを務めてました)、彼はそれを帽子に集めてた。もしバトルに参加したいなら、自分で名札を書いてプルーフの帽子に入れる、その中からプルーフが名札を引いてバトル開始って仕組み。「 Bizarre 」 対「 B-flat 」てな具合。(※B-フラットはD12がメジャーデビューする前の元メンバーです。)彼らはバトルして、俺も誰かとバトルしていた。一度だけD12のメンバーの「 Kuniva 」とバトルしたことを覚えてるけど、その当時クナイヴァはD12のメンバーじゃ無かった。

長い。。。疲れました。2時間はかかりました。また更新するのでチェックお願いします。良かったららこのページのコメント欄か掲示板Twitterにでもコメント頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です