メニュー 閉じる

エミネム、”Tone Deaf”のMVをリリースし、Z世代が展開するキャンセル運動に反応

リアーナをゲストに迎えた曲”Love The Way You Lie”の歌詞にショックを受けたZ世代の少女が、エミネムをキャンセル(表世界から排除)しようと呼びかける動画が12万以上の「いいね!」を獲得し注目を浴びている。Z世代(概ね1990年代中盤以降に生まれた世代)のキャンセル運動に対し、Y世代(1980年代序盤から1990年代中盤までに生まれた世代)がエミネムを擁護する構図に発展している。

スポンサーリンク

SNS上で”Eminem”がトレンドに急浮上

3月3日頃、ソーシャル・メディアのトレンドにエミネムが急浮上。

Z世代がTikTokでエミネムに対するキャンセル運動を展開。この事が影響していた。Z世代は”Love The Way You Lie”の終盤部分の歌詞を問題視している。

If she ever tries to fuckin’ leave again,I’ma tie her
(もし、この女がまた去ろうとしたら, コイツを縛りつけてやる)
To the bed and set this house on fire
(ベッドに縛って、この家に火をつけてやるよ)

“Love the Way You Lie”/Eminem,June 18, 2010

この運動に抗戦したのがエミネム・キッズ世代”Y世代”(ミレニアル世代)だった。

キャンセルカルチャーへの反撃!?MVをリリース

さらに追い打ちをかけるように、3月5日に”Tone Deaf”のミュージック・ビデオをリリース。この曲はキャンセルカルチャーを取り上げた曲だった。

このアニメーション・ビデオの監督を務めたランディ・クリズ氏”Randy Chriz”は、約1年前に”Godzilla”の自主製作リリックビデオをリリースしていて、ファンの間で話題を呼んでいた。エミネム自身もランディが制作した”Godzilla”のビデオを気に入り”Tone Deaf”のリリックビデオを彼に依頼したとのこと。

この騒動について

今回の騒動は11年前にリリースした”Love The Way You Lie”の歌詞がきっかけですが、恐らくZ世代が支持している”若手ラッパー”への批判を繰り返すエミネムに対する、不満も含まれているんだろうと思います。(エミネムは一部の若手ラッパーへ批判を繰り返しています)

“Love The Way You Lie”は全米レコード協会”RIAA”からダイヤモンド認定を受けた曲で、コレは多くのリスナーから支持を受けた結果だと思います。(エミネムが”ダイヤモンド認定”を受けたシングル曲は3曲あり、他には”Lose Yourself”,”Not Afraid”がダイヤモンド認定を受けています)

問題視されている歌詞についてですが、エミネムとリアーナが抱えていた、パートナー(恋人)との”バイオレンスな問題”があったからこそ許される内容だったのではないかと思います。リアーナは2009年当時付き合っていたクリス・ブラウンからDVを受けクリス・ブラウンは逮捕されていた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です