メニュー 閉じる

エミネム、”Zeus”の曲中でリアーナに謝罪した件の真相を語る

アメリカ東部時間の12月31日に自身が運営しているラジオ番組”Shade45″にエミネムが出演。昨年末にリリースされたアルバム“Music to Be Murdered By: Side B”に収録されている”Zeus”の曲中でリアーナに謝罪した件について語っている。

「その音源が流出したのはかなり最近のことで、正直に言うけど最初に流出が分かった時、ポール(メジャー・デビュー前からのマネージャー)と話したんだ。
まず始めに、誰がどうやって音源を入手したのか分からなかった。
二つ目に、そのバースをやったことすら覚えていなかった。韻の踏み方に聞き覚えがなかったし。だからビックリしたよ」

「『なんだよコレ⁉俺こんなこと言ったのか?』って感じだった。その音源は “Relapse”(リラプス)の制作に入った初期段階でのモノだった。もう10年以上も前の話なんだけど、でも言い訳はしない。俺が言った事だし間違ってた。くだらないことを言ってしまった。特に”Relapse”(リラプス)を制作していた時期は、薬物依存を克服してラップを再開し始めた時期で、色々なことを学び直さなければならなかった。「もし韻を踏んだら口に出してみろ」みたいな感じだったんだ。」

スポンサーリンク

「振り返ってみると、それは言い訳にもならないんだけど、俺が伝えたいのは”Relapse”(リラプス)を制作する過程で、そういった”フェイズ”(段階)があったって事なんだ。そういうこともあったんだ。韻を踏んだから言ったんだと思う。」

「今、振り返ってみると、もっとよく考えておくべきだったと思う。さっきも言ったと思うけど、レコーディングしたことすら覚えていない。たくさんの曲をレコーディングしてるから。だから時々、”うわ、ヤバい。覚えてるぞ!”って思う事があって辛いんだ。」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です