先日より投稿している、新型コロナ支援特別番組「 Music To Be Quarantined By 」(誰かによって隔離されるべき音楽)のプレイリストから、エミネムのおススメ曲を1つ紹介します。

ニューヨーク・ハーレム生まれの Large Professor (ラージ・プロフェッサー)とカナダ出身の K-Kut 、 Sir Scratch の兄弟によるヒップホップグループ「 Main Source 」(メインソース)。1991年のファーストアルバムにしてラストとなってしまったアルバム「 Breaking Atoms 」より「 Live At The Barbeque 」をピックアップしています。エミネムはこの曲を楽曲制作におけるお手本的な作品として紹介ています。 この曲は‎メジャー・デビュー前のNasty Nas(ナスティー・ナズ)の存在を世に知らしめた重要な曲です。

「この次に紹介したいグループ、ラッパー(メインソースとナズ)に「 Breaking Atoms 」というアルバムがある。俺にとってヒップホップで最も重要なアルバムの1つだよ。ラージ・プロフェッサーは凄く熟練しているだけでなく、作曲方法や構成方法も際立ってる。そして、このアルバムの曲「 Live At The Barbeque 」で史上最高のMCの一人がデビューする事になった。でも、ぶっ飛んでるのはこの曲だけじゃなくて、全体的に最高なクラシック・アルバムなんだ。もし、聞き逃していたら聞き直した方がいい。この曲はナズの存在を世に知らしめた曲だから」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です