エミネム、50セントの新ドラマ”BMF”にホワイト・ボーイ・リック役で出演

アメリカのオンラインニュースウェブサイト”The Wrap”が報じたところによると、 50セントがプロデュースするドラマ作品のエピソードで、エミネムがホワイト・ボーイ・リック(White Boy Rick)役として出演すると発表。ホワイト・ボーイ・リックはデトロイトでFBIの情報提供者として活動していた実在する人物。

50セントはエミネムが出演する件について、次の通りコメントしている

「俺の新番組”BMF”(ブラック・マフィア・ファミリー)をサポートしてくれた親友のエムを光栄に思うと同時に感謝している。デトロイトを舞台にしたエピソードを作るには、エミネムという伝説的な人物を起用しないわけにはいかない」

また、50セントは自身Twitterアカウントでも発信している

デトロイトを舞台にしたショーを行うには、伝説的な人物のエミネムを起用する必要があったんだ。”BMF”のWhite Boy Rick役で彼を起用したが、コイツは絶対に外せない。

ホワイト・ボーイ・リックとは?

ホワイト・ボーイ・リックことリチャード・ウェルシュ・ジュニア(Rick Wershe Jr)は実在する人物で、デトロイトのギャングの一員としてドラッグや銃を売っていた10代前半の頃にFBIの情報提供者となった。しかし、17歳の時にはFBIに見捨てられコカイン所持で逮捕される。 ウェルシュは終身刑を言い渡されていたが仮釈放され、2020年6月に50歳で釈放されていた。

“BMF “は9月26日にStarz(アメリカのケーブルテレビ局)で放送開始される予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です