エミネム(Eminem)、”Kamikaze”ディスまとめ/13名の被害者【ビーフ】

2018年8月31日、事前の告知もなくアルバム”Kamikaze”をサプライズ・リリース。2017年12月に発売したアルバム”Revival”から1年以内でのリリースとなった。“Revival”に対して否定的だった評論家や、ファン、ラッパー達や現在のヒップホップ・シーン等に言及している。アルバムタイトル”Kamikaze”は神風特攻隊員と同じように、このアルバムで自身のキャリアを危険にさらすことを暗示している。

13名の被害者達をピックアップ

ドナルド・トランプ大統領(当時)からドレイク(Drake)まで、カミカゼで被害にあった有名人を13名ピックアップ。2017年にエミネムがリリースしたアルバム”Revival”を批判した連中、エミネムが毛嫌いするマンブル・ラッパー等がターゲットにされている。

リル・ヨッティ / Lil Yachty

マンブル・ラップを毛嫌いするエミネムのターゲットにされたリル・ヨッティ。リル・ヨッティはヒップホップ界のレジェンド2Pac、Notorious B.I.G.の曲を殆ど知らないとコメントしており、オールドヘッズやラッパーからも批判の声が出ていた。エミネムは”The Ringer”でディスしている。

I can see why people like Lil Yachty, but not me though/Not even dissin’, it just ain’t for me

Eminem,”The Ringer”/”KAMIKAZE”(2018)

なんで皆がリル・ヨッティが好きなのか分かるぜ、でも俺には分からない/ディスってさえいない、ただ俺向きじゃないだけ

リル・パンプとリル・ザン / Lil Pump and Lil Xan

エミネムは以前にもロイス・ダ・5’9″(Royce da 5’9″)とのコラボ曲”Caterpillar”でマンブル・ラッパーをディスしていた。 “The Ringer”ではリル・パンプとリル・ザンが顔に入れているタトゥー、”リル”というMCネームがリル・ウェイン(Lil Wayne)のパクリだとディスしている。

Lil Pump, Lil Xan imitate Lil Wayne/I should aim at everybody in the game, pick a name

Eminem,”The Ringer”/”KAMIKAZE”(2018)

リル・パンプ、リル・ザンはリル・ウェインの物真似/ヒップホップ・ゲームの全員に向けるべきだな、名前を選べよ/

シャーラメイン・ザ・ゴッド / Charlamagne tha God

アメリカのラジオ・テレビパーソナリティ。P.ディディ(P.Diddy)が設立した放送局”Revolt”のラジオ番組”The Breakfast Club”の司会。エミネムの作品(Revival)に批判的で、以前にもエミネムが披露した”BET Hip Hop Awards”でのサイファーを”Just OK”(まあまあかな)と発言していた。

Charlamagne gonna hate anyway/Doesn’t matter what I say/Give me Donkey of the Day

Eminem,”The Ringer”/”KAMIKAZE”(2018)

シャーラメインはどのみち嫌うのさ/俺が何と言おうと関係ない/ドンキー・オブ・ザ・デイを俺にもくれよ
※ドンキー・オブ・ザ・デイ( 今日のお馬鹿さん ): “The Breakfast Club”で放送されているコーナー。

ドナルド・トランプ 大統領(当時)/ Donald Trump

エミネムは2016年に発表したフリースタイル”Campaign Speech”にて、8分間にわたってトランプ大統領(当時)を批判していた。

But I think it’s workin’/These verses are makin’ him a wee bit nervous/And he’s too scared to answer me with words/’Cause he knows that he will lyrically get murdered/But I know at least he’s heard it/’Cause Agent Orange just sent the Secret Service/To meet in person/To see if I really think of hurtin’ him/Or ask if I’m linked to terrorists

Eminem,”The Ringer”/”KAMIKAZE”(2018)

でも、俺はうまくいっていると思う/あのヴァースでヤツは少し神経質になっている/そして、俺に言葉で答えるのを怖がっている/ヤツはリリックで殺されることを知っているからな/だけど、少なくともヤツがそれを聞いたってことを知っている/エージェント・オレンジ(トランプ氏の事)がシークレット・サービスを送り込んできたからな/直接会ったんだ/俺がヤツを本当に傷つけることを考えているか/俺がテロリストと繋がっているのかどうかを尋ねるためにな

ミーゴス / Migos

マンブル・ラップを嫌うエミネムはミーゴスも対象にしている。直接的な言及こそしていませんが、ミーゴスの代表曲”Bad and Boujee”のフローを真似て茶化している。

Brain dead, eye drops/Pain meds, cyclops/They bed, iPod/Maybach, my bach/

Eminem,”Not Alike” Feat. Royce da 5’9″/”KAMIKAZE”(2018)

マシン・ガン・ケリー / Machine Gun Kelly

2012年、当時21歳のマシン・ガン・ケリーは、当時16歳のエミネムの娘ヘイリー・ジェイド(Hailie Jade)に対して”hot as fuck”(クソエロイ)とツイート。それ以来、マシン・ガン・ケリーはエミネムのラジオ番組”Shade 45″への出入りを禁止されたと主張していた。

Now you wanna come and fuck with me, huh?/This little cock-sucker, he must be feeling himself/He wants to keep up His tough demeanour, so he does a feature/Decides to team up with Nina/But next time you don’t gotta use Tech N9ne if you wanna come at me with a sub-machine gun/And I’m talking to you but you already know who the fuck you are, Kelly/I don’t use sublims and sure as fuck don’t sneak-diss/But keep commenting on my daughter Hailie

Eminem,”Not Alike” Feat. Royce da 5’9″/”KAMIKAZE”(2018)

俺と殺るってか?/このチンカス野郎は自分自身でオナってるに違いない/強がっていたいからフィーチャーを組むんだろ/ニーナ(テック・ナインの事)と組むことにしてさ/でも次にサブ・マシンガンを持ってくるなら、テック・ナインを使わなくてもいいぞ/お前に言ってるんだよ、お前は誰に言ってるのか分かってるよな、ケリー/俺はサブリミナル(ディス)は使わないし、こっそりディスったりもしない/俺の娘ヘイリーについてコメントし続けやがって

ドレイク / Drake

エミネムとドレイクはこれまでにも一緒にステージに立ったり、”Forever”(2006年)でコラボレーションをしている。しかし、アルバムのタイトル曲”Kamikaze”で、ドレイクのゴーストライター疑惑(歌詞執筆代行)のスキャンダルに言及しています。

You got some views, but you’re still below me/Mine are higher, so when you compare our views, you get overlooked/And I don’t say the hook unless I wrote the hook

Eminem,”Kamikaze”/”KAMIKAZE”(2018)

お前には展望(見解)があるらしいな、だけどお前は未だに俺より下だ/俺の展望の方が高いから、俺達の展望を比べたとしたらお前は見落とされる/そして俺は自分が書いたフック(サビ)しか口にしないぜ

ジョー・バドゥン / Joe Budden

スローターハウス (Slaughterhouse)の一員だったジョー・バドゥン。元々はエミネムとも良好な関係だった。 スローターハウスに在籍していた時には、エミネムの音楽レーベルShady Recordsからアルバム”Welcome to: Our House” (2012年)をリリースしていた。アメリカのヒップホップ討論番組”Everyday Struggle”(2017年12月13日放送)では 「 エミネムはいつも素晴らしいコンテンツを提供している 」 とコメントしていたが、アルバム”Revival”(2017年12月15日発売)リリース後には、収録曲”Untouchable”を「ゴミ」と表現し「今まで聞いた中で最悪の曲だ」とコメント。この件をきっかけに本格的にビーフ関係へと発展していく。

Somebody tell Budden before I snap, he better fasten it/Or have his body baggage zipped/The closest thing he’s had to hits is smacking bitches

Eminem,”Fall”/”KAMIKAZE”(2018)

誰かバドゥンに言ってくれよ、俺がキレる前に黙ってろって/じゃないと遺体袋にぶち込むぞ/ヤツのヒット(曲)に一番近いのはビッチをヒット(暴行)することなんだからな
※ジョー・バドゥンは元交際相手に対する暴行容疑で警察沙汰になっていた。

DJアカデミクス / DJ Akademiks

ヒップホップ討論番組”Everyday Struggle”のファースト・シーズンでジョー・バドゥンと共同ホストを務めていた。彼もエミネムの前作”Revival”を「ゴミ」と評価していた。

And don’t make me to give it back to Akademiks/Say this shit is trash again, I’ll have you twisted like you had it/when you thought you had me slippin’ at the telly/Even when I’m gettingtin’brain, you’ll never catch me with a thot

Eminem,”Fall”/”KAMIKAZE”(2018)

DJアカデミクスにも触れさせるなよ/”このアルバムはゴミだ”ってもう一度言ってみろ、お前を捻りつぶしてやる/俺がホテルでやらかしたとお前が勘違いしていたようにな(※)/俺が咥えさせてる時でさえ、お前が俺をキャッチすることはない
(※)DJアカデミクスは”River”のMVのプロモーションをゴシップだと早とちりしていた。

タイラー,ザ・クリエイター / Tyler, The Creator

オルタナティブ・ヒップホップ集団であるオッド・フューチャー(Odd Future)の共同創設者でもあるタイラー。彼はエミネムの5枚目のメジャー・アルバム”Relapse”をリスペクトするツイートをしたり、2014年にはエミネムのイギリス・ツアーにオッド・フューチャー も参加していた。しかし、タイラーがエミネムの曲”Walk On Water”(2017年)を「(ラップ)ゴッドへ、この曲は相当酷い」とツイート。

Tyler create nothing, I see why you called yourself a f**got, bitch/It’s not just ’cause you lack attention/It’s ’cause you worship D12’s balls, you’re sac-rilegious/If you’re gonna critique me, you better at least be as good or better

Eminem,”Fall”/”KAMIKAZE”(2018)

タイラーは何も創っちゃいない、お前が自分の事をファ××って呼ぶのか分かるぜ、ビッチ/注意が足りないだけじゃない/D12のタマを崇拝してるからだ、お前は宗教を冒涜している/俺の事を批判するなら、せめて俺と同等かそれ以上になってみろ

アール・スウェットシャツ / Earl Sweatshirt

タイラー・ザ・クリエイターと同じくオッド・フューチャー所属のラッパー。アールは「未だにエミネムを聞いてるヤツはマウンテン・デューの飲み過ぎだ」とコメントしていた。

Get Earl, the Hooded Sweater, whatever his name is to help you/put together some words, more than two letters

Eminem,”Fall”/”KAMIKAZE”(2018)

アール・ザ・フッディド・スウェッター(アール・スウェッターの事)にでも頼めよ、ヤツの名前がなんだろうと助けてもらえ/2文字以上の言葉をつかってさ

ロード・ジャマー / Lord Jamar

ヒップホップグループ”Brand Nubian”のメンバーであるロード・ジャマーとエミネムは長年に渡ってお互いを非難し合ってきた。ジャマーは2014年のインタビューで「エミネムはマックルモアやジャスティン・ティンバーレイクとたいして変わらない 」 と発言。2017年にエミネムが披露したBETサイファーに対しても苦言を呈していた。

And as far as Lord Jamar, you better leave me the hell alone/Or I’ll show you an Elvis clone/Walk up in this house you own/Brush my pelvic bone

Eminem,”Fall”/”KAMIKAZE”(2018)

そして、ロード・ジャマーは、俺のことは放っておいたほうがいい/さもないと、エルビスのクローンを見せてやるぞ/あんたの家の中を歩いて/俺の骨盤を磨いてやる

いかがだったでしょうか?
別のページでもカミカゼ特集ページがありますので良ければご覧ください。

スポンサーリンク

エミネム(Eminem)、”Kamikaze”ディスまとめ/13名の被害者【ビーフ】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です