メニュー 閉じる

【和訳】エミネム / Eminem – Alfred’s Theme【日本語】

2020年12月18日に発売された新アルバム” Music To Be Murdered By Side B Deluxe Edition “に収録されている” Alfred’s Theme“を日本語に翻訳しビデオを公開しました。

スポンサーリンク

言及・影響しているアーティスト、人物など

アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)マシンガン・ケリー(MGK)、P.ディディ(P.Diddy)、EPMD、「爆発!デューク」、Desiigner、「マイリトル・ポニー」、ジェフリー・ダーマーなど

サンプリング音源について

1955年にアメリカCBSで放送されたミステリー番組『ヒッチコック劇場』(Alfred Hitchcock presents)のテーマ曲として知られている、Charles Gounod(シャルル・グノー)の楽曲”Funeral March of a Marionette”をサンプリングしている。

曲の内容について

“Alfred’s Theme”という曲名にある通り、アルフレッド・ヒッチコックに関する言及が全体的に散りばめられています。また、新型コロナウイルス”COVID”に対するネタも散りばめられている。

ビリー・アイリッシュ、P.ディディへのディス!?

“ワイルド・アイリッシュ”を飲みながら暴力を振るう
こんな風にスピットしている時に殺人的なビジョンを見る
マジで、俺は”韻を殺す”という願いを満たしているだけだ
本当に子供っぽくて”childish”馬鹿げてるけど、俺はマジでこんな感じなんだ
ビリー・アイリッシュに悪夢を与えている
私はディディのサイド・ビッチ”side bitch”よ
何だって?待て、待て
『私はディディのサイド・ビッチ”side bitch”よ』だって?
Oh,『俺はまだイースト・サイドだ、ビッチ』だったよ

ワイルド・アイリッシュ⇒アイルランドの低価格ワインで、ビリー・アイリッシュもアイルランド系だと言われている。
2019年、ビリー・アイリッシュがNoiseyとのインタビューの中でエミネムを恐れていたと答えていた。そして「チャイルディッシュ・ガンビーノとエミネムを選ぶとしたらどちらか」と問われ「チャイルディッシュ・ガンビーノ」と答えた

私はディディのサイド・ビッチ”side bitch”よ

この一文で3名(ビリー・アイリッシュ、P.Diddy、マシンガン・ケリー)に言及(ディス)している可能性がある。

エミネムはマシンガン・ケリーとのビーフが勃発して以降、度々P.Diddyをディスしている。P.DiddyはMGKが所属する”Bad Boy Records”の創設者
2018年にリリースした”Killshot”の中ではディディが2パックの殺害に関与していると匂わせるフレーズがあった。

Oh,『俺はまだイースト・サイドだ、ビッチ』だったよ

エミネムはデトロイト、MGKはクリーブランド(オハイオ)、ディディはニューヨークが出身地で、この3地域の中ではデトロイトが一番西側になり、ニューヨークが東側になる。それゆえに”イースト・サイドだ”という表現になっている


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です