ロイス・ダ・5’9″が新型コロナに感染するも無事に回復

ヒップホップ・ユニット”Bad Meets Evil”でエミネムの相方を務めるロイス・ダ・5’9″( Royce Da 5’9″ )が、グラミー賞ノミネートが発表された日に新型コロナ陽性の診断を受けたことが分かった。

スポンサーリンク

「病気にかかったんだよ。俺は体調を崩してたんだけど、普段は病気にはかからないんだ。4日間ほど倒れていた。気分が悪かった。頭痛がしたのと寒気もした。それほど酷くはなくて、インフルエンザみたいだった。聞いてほしいんだけど、トビーとタリクと一緒にビデオを撮るためにニューヨークに向かったんだ。朝一番の飛行機で飛び立って、着いたらセットに直行した。自分のショットを撮影したんだけど、調子が良くなかったから戻りたかったんだ……3か所も回ったんだぜ!トビーのためにマイアミに行って、デイブ・チャペルの作品のためにオハイオにも行ったんだ。飛行機でも撮影して空港に直行した。プライベート・フライトはしなかった。空港に直行して、別の飛行機に乗ったけど1日に2便の民間機は疲れたよ」

ロイスは、マスクを常に着用していたにもかかわらず、1日に2回のフライトを行ったことがウイルスに感染した理由だと考えている。

「今は気分が良くなった。一週間かかったけど、最高の気分だ。疾患中の2日間は本当にひどかった。話もしたくなかったけど、電話もかかってくるし… グラミー賞にノミネートされた日に陽性だと分かったんだ。主治医と電話会議をして症状を伝えていたんだけど、電話会議を抜け出して、チップと話したり、「(グラミー・ノミネート)おめでとう」ってやりとりの電話を何本かかけたんだ…女性の方が検査をするためにここに来てくれた。それで2回検査を受けて陽性になったんだ。昨日になってようやく陰性になったよ」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です