10月23日に新作アルバム「Evolution」を発売したばかりのジョイナー・ルーカス( Joyner Lucas )が、アーティストとしての進化に貢献してくれた人たちに心からの感謝の気持ちを送っています。

ジョイナーは自分に貢献してくれた人たちの名前を上げるだけでなく、一人一人に向けた想いをFacebookに投稿しています。多くのアーティストの名前が出ており、リアーナ( Rihanna )がロンドンでルーカスにキャビアをご馳走してくれたこと、ビリー・アイリッシュ( Billie Eilish )が彼の熱心なファンであることが彼に一定のモチベーションを与えたこと、そしてティンバランド(Timbaland)が彼の叔父のような存在であること、その他アーティストに向けたコメントを以下に抜粋しています。

クリス・ブラウン(Chris Brown)に向けて-

「兄弟のクリス・ブラウンに感謝している。私を受け入れてくれた最初のスーパースターであり、ツアーに参加させてくれたことに感謝しています。私たちの関係は音楽を超えている。」

エミネム( Eminem )に向けて-

「エミネムには私を音楽史の一部にさせてくれて、同様に私を受け入れてくれてありがとう。いつもあなたのお気に入りの一人として、自分の名前を上げてくれてありがとう」

ロジック( Logic )に向けて-

「相棒のロジックに感謝している。いつも自分のことをチェックしてくれて、いつもアドバイスをくれて、兄弟でいてくれたことに感謝しています。俺たちには違いがあったけど、これまで以上に仲が良くなったよ」

※ジョイナー・ルーカスとロジックは一時期ビーフ関係でした。

ロイス・ダ5’9″( Royce Da 5’9″ )に向けて-

「ロイス5’9″にも感謝している。リアルでいてくれてありがとう、そして兄弟愛にも感謝している」

ジョイナーは投稿の中で14人の名前を上げている。
Chris Brown, Rihanna, Billie Eilish, Snoop Dogg, Eminem, Logic, T.I., Timbaland, Boi-1da, Royce Da 5’9”, Monica, Ashanti, Will Smith, Ty Dolla $ign.

元記事はこちら
https://www.facebook.com/JoynerLucas/posts/4147719218588636

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です