ここ最近、古くからのヒップホップファンを賑わせているのが” Verzuz “です。「次は誰と誰が戦うのか」とアメリカ国内のネット上で話題になっています。ベテランラッパーの” Fat Joe “(ファット・ジョー)はYoutubeのヒップホップ番組” Drink Champs Quarantine Episode “にて20分にも亘りVerzuzの組み合わせ予想を熱論。彼は” DJ EFN “がエミネムの名前を出した時に反応しました。

バスタ・ライムスに相応しいトップ・クオリティーの対戦相手を議論していた時に、DJ EFNが「俺はエミネムを推す。クレイジーだと思うよ」と発言。それに対しファット・ジョーが冷静に切り返します。

ファット・ジョー「エミネムとバトルしたい人はいないと思う。誰もエミネムと戦うなんて望まないと思う。誰も。DMX?彼は、世界中で人気のヒット曲を持っている偉大なラッパーの一人だよ。伝説的で、象徴的で、スーパー・ヒーローだ。それでも控えめなくらいだよ。彼は本当に偉大だ。でも、あの白人少年と彼のファンには何かがある。ネット上が炎上するのを見たいか?クラッシュするぞ。」

ニューヨーク・クイーンズ出身のベテランラッパー” N.O.R.E. “は、ネット上での反論覚悟で持論を展開しました。少数派意見だと自覚した上で、” Jay-Z “とエミネムの楽曲” Renegade “でエミネムはJay-Zを葬ることはできなかったと考えていると話しています。(※1)

ファット・ジョー「俺はそのことについては話さないよ。

(話ががらりと変わり)エミネムは出てきた時から凄かった。デビュー時からのエミネムのファンは今では40〜45歳だろ。その白人達は、10歳の子供達にエミネムが史上最高だ教える。空港なんかに行くと、10歳の子供が45歳の人のように彼の曲を聴いてる。まるで新曲みたいにね。今の世代は子供たちにエミネムこそが”本物”だと教えてる。究極の科学のように。白人の10歳、11歳、12歳の子供たちはエミネムの曲を全部知っている。それは何か違う気がする。」

ファット・ジョーが熱く語っているところを”N.O.R.E”が”Renegade”の話題に戻します。そして” Lenny S “が割って入り、” Renegade “のトラックを作曲したのがエミネムだったからこそ、完璧にマッチングしたのはエミネムのフロウであったと語っています。

ファット・ジョー「” Leanback remix “制作の時、エミネムは同じパートを30種類の異なるトーンで送ってきた唯一の男だ。彼は自分で決めようとしなかった。30回も違うテイクをしたんだ。同じ小節を30回。流れが違ったり、高かったり、低かったり…何て言ったらいいかわからないけど、この男は完璧主義者なんだよね!」

(※1)”Renegade”はJay-Zが2001年に発売したアルバム” The Blueprint “に収録されている曲で、エミネムがフィーチャリングされています。世間的な評価は客演参加のエミネムのラップがJay-Zより凄いという意見が多数派と言われています。

ファット・ジョーの意見は考えされられますね。すっかり夜遅くなったので寝ます。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です